シンディング・ラーセン・ヨハンソン病

ジャンパー膝とよく似た症状でジャンパー膝から発症することもあります。
ジャンパー膝と同様にジャンプやダッシュを多く行うバスケや、バレーボールでよく起こります。

 

【症状】
膝のお皿の下側に痛みが出るもので、膝全体に腫れが見られることもあります。
膝立ちをした時や押した時の痛み、階段の上り下りや運動時の痛みがあります。
運動後の痛みから始まり、進行すると運動開始時にも痛みが起きるようになります。
最終的には運動中の痛みが起こり、さらにはスポーツの継続が困難になります。

 

【原因】
膝のお皿の上にはももの筋肉が通っており、膝蓋腱となって、すねの骨に付きます。
運動時のももの筋肉の収縮によって、患部に繰り返し引っ張られるストレスが加わることで起こります。
膝のお皿の骨の下の部分に石灰化(骨のような硬い組織が沈着すること)が起きたり、
はく離することで痛みが出ます。

 

【治療法】
一般的にオスグット・ジャンパー膝と同様に
「安静」        炎症を抑える、損傷部分を修復させるため
「もものストレッチ」  患部のストレスを減らし為にももの柔軟性を取り戻すため
「筋トレ」        動作の強化のため
が基本になります。

 

また膝を深く曲げることも避けるようにしましょう。

てつ接骨院では、これらの指導はもちろんのこと、
微弱電流による   炎症の軽減・筋肉の柔軟性UP・自己治癒力の促進 と
各種テーピング療法による   痛みの除去と筋肉の動きのサポート を
行いさらに早期回復に向けた施術を行います。

 

【自己ケア】
自宅で行う自己ケアです。
 

スポーツ障害で大切なこと
スポーツ障害での安静
スポーツ障害での安静の目安
ももの前のストレッチ

ももの筋トレ
 アイシング

 

あくまで「自分でできること」であって、最低限のケアになります。
自己判断をせずに医療機関に診断を仰ぎましょう。

またこれらは、予防法にもなります。
参考にしてください。

 

 

丹羽郡扶桑町の「てつ接骨院」にご相談ください。

丹羽郡扶桑町、大口町、犬山市、江南市、その他近隣地域の方、
ケガ(ねんざ・つき指・筋肉の炎症等)
スポーツ障害(治療・予防・指導)