ももの前のストレッチ

大腿四頭筋のストレッチです。

 

大腿四頭筋は膝を伸ばすときに働き、
ジャンプ、ダッシュをする際に活躍します。

ココが硬くなることで
スポーツ障害の原因になったり、
高齢者の膝の痛みや、正座やしゃがみ動作の制限を引き起こします。

 

 

まずはストレッチの基本を確認してください。

ストレッチとは
ストレッチのやり方

 

では詳しいやり方です。

 

① 股関節を伸ばしたまま
② 足首を持ち
③ かかとをお尻に向かって曲げる
④ ももの前のツッパリ感を確認
⑤ まっすぐ・内側・外側の3方向

 

このやり方でも体勢は何種類もあります。

 

 

あくまで、ももの前のストレッチなので、
別のところが痛い、
スポーツ障害の人は、普段痛みの出ている患部に痛みが出る場合は別の体勢で行ってください。

 

 上記のほかに仰向けで行う方法もあります。

 

① 片足を折りたたみ後ろに手をつく
② ゆっくりと腕を曲げていき上半身を後ろへ倒す
③ ももの突っ張る所で静止

 

これができる人はそれなりに柔軟性のある人です。
無理をしないように行ってください。

【注意事項】

  • 立ってやる場合は
    転倒に注意!
    姿勢はまっすぐを意識!
  • うつぶせの時はお尻が上がらないように!
  • 仰向けの時は急に倒れずゆっくりと!
  • 膝を曲げるときはひねらないように注意!
  • ももの前の筋肉を意識し別の場所に痛みがある場合は無理をしない

 

 

 

丹羽郡扶桑町の「てつ接骨院」にご相談ください。

丹羽郡扶桑町、大口町、犬山市、江南市、その他近隣地域の方、
ケガ(ねんざ・つき指・筋肉の炎症等)
スポーツ障害(治療・予防・指導)
慢性痛(肩こり・腰痛) 交通事故治療、
トリガーポイント・キネシオテーピング・リハビリなど。
土曜午後無料相談あります。