オスグット・シュラッター病

サッカーやバスケ、陸上など、ももの筋肉を酷使するスポーツでよく起こるスポーツ障害です。

昔は成長痛だといわれ無理をしてスポーツを続けて悪化することが多くありましたが、

最近ではスポーツ障害の代表として、きちんとしたケア・練習を管理することが大切という考えが普及しています。

 

【症状】

オスグットシュラッター病とは膝のお皿の下、すねの部分に痛みや出っ張りが出るものです。

ダッシュやジャンプ、膝を曲げる動作での痛みが出ます。

また出っ張りの部分をぶつけたりすると悶絶します(;´Д`)

 【原因】

膝のお皿の上にはももの筋肉が通っており、膝蓋腱となって、すねの骨に付きます。

ももの前の筋肉(大腿四頭筋)の柔軟性の低下や酷使によって、腱がついているすねの部分に引っ張られるストレスが繰り返し加わることで

炎症や骨のはく離が起こることが原因です。

 

【治療法】

一般的にジャンパー膝、シンディング・ラーセン・ヨハンソン病と同様に

「安静」                  炎症を抑える、損傷部分を修復させるため

参照  1.スポーツ障害で大切なこと

2.スポーツ障害の安静

3.スポーツ障害 安静の目安

もものストレッチ」  患部のストレスを減らし、ももの柔軟性を取り戻すため

「筋トレ」       動作の強化のため

 

が基本になります。

 

また膝を深く曲げることも避けるようにしましょう。

ひどくなると手術が必要になるものもあります。

 

 

てつ接骨院では、これらの指導はもちろんのこと、

 

微弱電流による   炎症の軽減・筋肉の柔軟性UP・自己治癒力の促進 と

各種テーピング療法による   痛みの除去と筋肉の動きのサポート を

行いさらに早期回復に向けた施術を行います。

 

 

自分でのケアは主にストレッチが有効です。

あくまで「自分でできること」であって、最低限のケアになります。

自己判断をせずに医療機関に診断を仰ぎましょう。

またオスグットにならないための予防法にもなります。

 

 

 

 

 

丹羽郡扶桑町の「てつ接骨院」にご相談ください。

 

丹羽郡扶桑町、大口町、犬山市、江南市、その他近隣地域の方、

ケガ(ねんざ・つき指・筋肉の炎症等)

スポーツ障害(治療・予防・指導)

慢性痛(肩こり・腰痛) 交通事故治療、

トリガーポイント・キネシオテーピング・リハビリなど。

土曜午後無料相談あります。