ストレッチのやり方

今回はストレッチの基本的なやり方です。

 

1. 伸ばす筋肉を意識

2. 息は止めない

3. 力を抜いてリラックス

4. 回数ではなく時間をかける

 

 

1.伸ばす筋肉を意識する

意識するのとしないのでは効果が全く違います。

伸びている感覚がない

目的の場所ではないところに痛みやハリがある

この場合はあまり効果がありません。

目的の場所に少し痛みのある程度までしっかりと伸ばしてください。

 

2.息は止めない

息を止めると体が力んでしまうため

大きく吸ってゆっくりと吐きます。

筋肉の緊張が緩みストレッチの痛みが軽くなります。

 

3.力を抜いてリラックス

リラックスすることで

筋肉を効率よく最大限まで伸ばすことができます。

また力を入れたり、抵抗したりすると

筋肉に過度の力が加わり

筋肉に傷がついたり

逆に硬くなってしまうこともあります。

 

4.回数ではなく時間をかける

筋トレのように何十回もやる必要はありません。

その代わり時間をかけます。

一回に30秒ほど息をしながらリラックス。

これを3回ぐらい行います。

伸びる力が弱ければ

時間を長めに行いましょう。

 

 

注意点

 

[ケガによる痛みにはやらない]

 

ぎっくり腰やねんざ、肉離れなどの

ケガや痛みには

絶対にやってはいけません。

 

 

一番わかりやすいのは

 

急激に痛みが出た場合

 

この時は炎症を起こしている恐れがあるので

医療機関(接骨院・整形外科等)に判断を仰ぎましょう。

 

 

 

各筋肉のストレッチ方法はまたコツコツあげていきます。

 








丹羽郡扶桑町の「てつ接骨院」にご相談ください。


丹羽郡扶桑町、大口町、犬山市、江南市、その他近隣地域の方、

ケガ(ねんざ・つき指・筋肉の炎症等)

スポーツ障害(治療・予防・指導)

慢性痛(肩こり・腰痛) 交通事故治療、

トリガーポイント・キネシオテーピング・リハビリなど。

土曜午後無料相談あります。