RICE処置「I」

 

 

今回はRICE処置の「I

 

icing「冷却」

 

冷やすことですね。

 

 

試合後にピッチャーがやっているアレです。

 

 

アレ↓

RICE処置 冷却 肩関節

連続の投球で肩や肘が熱を持ち

 

その後の炎症を抑えるために行います。

 

 

同じ動作で同じ場所にストレスが加わり

 

少しずつ損傷しているといえます。

 

 

 

ケガはこれが一度に起きたもの。

 

こういったケガのほとんどは

 

炎症を起こしはれます。

 

 

 

ケガをした初期の応急処理で

 

炎症とはれをどれだけ抑えられるかが

 

その後の治りに大きく関わります。

 

 

 

ケガをしたその場では大丈夫でも

 

はれは時間をかけて起こります。

 

 

また「安静」の項目でも話しましたが

 

大丈夫だからと言って動き

 

炎症が強くなることもあります。

 

 

痛めたかもと思ったら

 

一応アイシングを行うことをお勧めします。

 

 

 

 

アイシングの方法は

 

氷嚢・なければビニール袋に

 

7:氷3を入れ

 

タオルなどで包み当てます。

 

 

冷シップ・冷却スプレーなど

 

使っているシーンはよく見ると思いますが

 

あれらに冷やす効果はほとんどありません。

 

 

現場に氷がない場合は

 

ひとまず流水で冷やしましょう。

 

 

 

炎症・腫れを抑えるために行うアイシングなら

 

氷水がベストですね。

 

 

目安は20分・休憩15分×3セット

 

くらいでしょうか。

 

ケガのひどさに合わせて決めてください。

 

 

 

 

ケガをした直後応急処理は

 

その後の治りにとても影響します。

 

専門的な知識がなくてもできるもの。

 

そして

 

医療機関にたどり着く前に出来る事。

 

それがアイシングです( `―´)

 

 

コメント: 0