ケガの応急処置

 

 

体の話第1回は応急処置!

 

 

スポーツをする上で

 

とても大切なのはケガ予防ですが。

 

 

それでもケガをしてしまった時

 

医療機関へかかる前にできる事。

 

 

それが応急処置です。

 

 

 

RICE処置といわれ

 

知っている人は知っている。

 

知らない人は本当に知らない。

 

 

Rest(安静)

Ice(冷却)

Compression(圧迫)

Elevation(挙上)

 

からなる応急処置の基本☆

 

 

ケガをした時の応急処置が

 

その後の治りを左右すると言っても

 

過言ではありません( ゚Д゚)

 

 

 

急性のケガは

 

損傷した場所に炎症が起こります。

 

そして腫れが起こります。

 

 

 

RICE処置とは

 

簡単に言えば

 

その炎症・腫れを最小限にとどめる

 

ことが目的です。

 

 

 

急性期の炎症・腫れが少ないことは

 

早期の競技復帰につながります。

 

 

目先の欲求を優先し

 

応急処置を怠れば

 

それだけ治りが遅くなり

 

パフォーマンスも落ちていきます(´・ω・`)

 

 

 

最近では

 

新しく項目が増えていますが

 

一般の人でもわかりやすい

 

RICE処置

 

次回から

 

1項目ごとに詳しく説明します。


コメント: 0